ニュース

豆まき

  お知らせ

今年は2月2日(火)が節分でした。なんと124年振りに1日早い2月2日の節分でした。鬼もさぞかし1日早くみんなを驚かせようと待っていたはずです。ではどんな鬼が来たのかご覧ください。

迫力がありました。でも子どもたちは、果敢に立ち向かっていく勇気がありました。豆からの木にヒイラギを付けてイワシの頭を焼いて刺しました。鬼の嫌いなものを子どもたちは覚えて保育士と共に向かっていきます。子どもたちの勢いに負けて鬼は退散です。その後は、袋入りのお菓子と豆を拾いお菓子を食べました。

本来、子どもたちを怖がらせるために行事を行うのではなく、鬼のお面を制作する時から「心の中の弱虫鬼を追い出そう!」を合言葉にお面を作って豆まきを楽しみにしていました。

鬼退治したときの「やたっぞ~」という元気いっぱおの声が響いていました。そしてもう一つの楽しいい時間は一人ひとりが自分の恵方巻を作って食べた給食の時間でした。「味」と共に子どもたちには楽しい思い出として残ったと思います。

クリスマス会

  お知らせ

今年もクリスマスよりも一足早くにじいろの子どもたちにプレゼントを届けにサンタクロースが来てくれました。

鈴の音が聞こえたらどこから入ってきたのかな?サンタクロースやトナカイさんはもちろん、オラフもやって来てくれました。みんな目を大きく開いて口もポカンとあけたままビックリ!!です。突然の出来事に泣きたくなるおともだちもいましたが、保育士にしっかりつかまりながらも、視線は突然来てくれたサンタクロースと仲間たちに〝くぎづけ″です。サンタクロースへお礼の気持ちを込めて、歌やお話などを見てもらうことにしました。1歳児クラスのおともだちは、動物に扮して森へお散歩に出かけてパンや果物を見つける ごっこ遊びの姿を見てもらいました。2歳児クラスのおともだちは、「桃太郎」の劇あそびを見てもらいました。怖い鬼に立ち向かっていき、宝物を無事に取り返して拍手をしてもらい、満足そうな笑顔を見せていました。5歳のおともだちが空手の形を披露する場面やよさこいを踊る姿にサンタクロースや仲間たちも喜んでくれました。お昼はクリスマスランチの特別メニューをたくさん食べて幸せな気持ちになりました。

ハロウィンパーティ

  お知らせ

今年のハロウィンはコロナ禍でなかなか外出もままならない子どもたちに楽しい1日を過ごしてもらおうと、キャサリンという魔女がやってきてくれました★

みんなはびっくり!でもちょっぴりワクワク*お菓子の入ったピニャータ割を楽しむと…あれ~あれは誰?マリオ?ピーチ姫?オラフ?ミニヨン?ちょっと不思議な人気者がやってきました!!

 

運動会

  お知らせ

西児童公園で保育士と子どもたちとの運動会をしました。りんご組のお友たちが開会のことばを宣言しみんなでディズニー体操をしました。

いちご組1歳児のお友たちはかけっこをして、お菓子拾いを楽しみました。

もも組さんはヨーイドンでは走る途中に絵カードを拾って同じ絵のあるゴールに向かって走りました。園長先生からピカピカのメダルを貰ってみんなの顔も嬉しそうにピカピカの笑顔になりました。

クッキー作り

  お知らせ

食育として様々な食材に触れて「食」に関心が持ち豊かな心が育っていかれるように今回は子どもたちの好きなクッキー作りを行いました。

自分で丸めたり、大きなお友達は型抜きをしました。3時のおやつを楽しみにしていた子どもたちは、お昼寝から目覚め「クッキーできた?」と聞いてくるのでした。自分で作る楽しさも味わえたようです。

 

ページのトップへ